妊娠中は体に負担をかけないで運動をするのがポイント

妊娠中は体に負担をかけないで運動をするのがポイント

妊娠中はお腹の中にいる赤ちゃんに負担がかからないように安静にしているのが基本ですが、運動不足になってしまうと体力が落ちてしまいます。

 

それに血流も悪くなってお腹の中にいる赤ちゃんに栄養が行き渡らなくなる可能性もあるので適度に運動をする必要があります。妊娠中に出来る運動は限られていますが、健康な赤ちゃんが生まれてくるためにしっかり取り組んでいく事が大切です。そこで妊娠中にオススメの運動をいくつか挙げていく事にしましょう。妊娠中は体に負担をかけないで運動をするのがポイントなのでまずウォーキングがオススメです。

 

ウォーキングは歩く運動なので自分のペースで取り組む事が出来ます。その日の体調によって歩くスピードや距離などをコントロールする事が出来るので妊娠中でも体に負担をかけないで取り組む事が出来ます。またウォーキングは散歩間隔で出来るので気分転換にもなりストレスを発散させる事が出来ます。

 

妊娠中は日常生活の中で気を遣う事が多くストレスも溜まりやすいので気分転換も兼ねてウォーキングを取り入れてみるといいでしょう。妊娠中は安静にしている事が多くなるので体の柔軟性が失われてきてしまいます。体の柔軟性が失われてくると怪我をしやすくなるのでお腹の中にいる赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性もあります。

 

体の柔軟性を高めていくために体操を取り入れると効果的です。体操をする事でいろいろな部位を伸ばしたりするので筋肉がほぐれてきて体の柔軟性を高めていく事が出来ます。また入浴後など体が温まっている時はストレッチも取り入れて体の柔軟性を高めていくのもオススメです。しかし赤ちゃんがいるお腹周りを伸ばしたりするのは良くないので控えるようにしましょう。妊娠中にオススメの運動はストレッチと体操なので日常生活の中で取り入れてみるといいでしょう。また妊娠中なのであまり無理はしないでその日の体調を見ながら出来る範囲内で運動をしていくといいでしょう。