家庭で出来るニキビ跡の改善方法

家庭で出来るニキビ跡の改善方法

思春期の頃にニキビに悩まされた方は多いのではないでしょうか。
つるつるのお肌の友達と比べて憂鬱になったりもしましたよね。

 

とはいえ、たいていの方はある程度の年齢になるとニキビも治まり、思春期ニキビで出来たニキビ跡は若いうちならきれいに消えてしまう事も少なくありません。
しかし、中には炎症を起こしたニキビが赤や茶色っぽく色素沈着を起こしてしまったり、ひどい場合には皮膚がえぐれてクレーター状になってしまう事もあります。

 

最近は女性の社会進出などに伴い、心身にかかるストレスから出来る大人のニキビに悩む方も増加傾向にあります。大人ニキビのやっかいな点は、若いころのようにターンオーバーが活発ではないため、ちょっとしたニキビでも跡が残りやすい事があげられます。

 

クレーターになってしまったニキビ跡は、家庭のケアで改善するには限度があるので、メイクをしてもどうしても気になるようなら美容皮膚科で治療するのも一つの方法です。最近では治療にかかる料金もかなり良心的になって来ているので、相談だけでもしてみるといいかもしれませんね。

 

ここでは家庭で出来る、赤、または茶色っぽく残ってしまったニキビ跡の改善方法をご紹介したいと思います。

 

まずはニキビが出来てしまった時は、それ以上の炎症を防ぐため、出来るだけメイクはせずに過ごすことがベストなのですが、仕事を持つ女性にとってそれは難しい事ですよね。
ニキビが出来ているときは、日焼け止めとパウダーのみにするか、またはパウダリーファンデーションを使うようにして、肌への負担を減らしましょう。アイメイクやリップにポイントを置くことでニキビから視線をそらす事が出来るので、そちらを工夫しましょう。

 

ニキビが治まった後は、跡が残らないように内からと外から、ダブルでケアしましょう。

 

内からは食生活に気をつけ3大栄養素とビタミンをしっかりとる事です。食事だけでは難しいようならサプリなどをうまく利用しましょう。これはニキビ跡を改善するだけでなく、ニキビを出来にくくするためにも効果的です。

 

外からのケアは、まずは紫外線対策です。ニキビ跡が日に焼けてしまうと高確率で色素沈着を起こしてしまうので、日焼け止めは必ず塗るようにしましょう。塗り直しはスプレータイプならメイクの上からでも出来るので、きちんとおこなってください。
そして、大切なのは基礎化粧品でのケアです。

 

洗顔には酵素入りのパウダーを使うとよいでしょう。
酵素洗顔は、肌表面に溜まっている不要な角質や皮脂を分解し除去することができるので、ターンオーバーを促し、ニキビ跡の改善が期待できるのです。

 

そして、酵素洗顔の後に大切な事がしっかりと保湿することです。これが適当だと、乾燥から更なるニキビを招いてしまうので、特に大人ニキビに悩む方は保湿は化粧水、乳液、美容液、クリームまでしっかりと行ってください。
面倒に思える事でも、ニキビが悪化して美容皮膚科にかかる事を思えば小さなひと手間です。

 

毎日の積み重ねは、できてしまった軽いニキビ跡なら消してくれるので、頑張ってください。

 

どろあわわの口コミ!効果の秘密とは