全ての野菜の栄養分を補給することができる蒸し炒め

全ての野菜の栄養分を補給することができる蒸し炒め

野菜を食卓に取り入れていく理由の一つに栄養価の確保があります。健康的な生活を継続するためには、食事で多くの栄養分を送るすることが基本ですが、野菜はビタミンやミネラル成分など多くの要素を確保できます。

 

様々な調理において食感を維持する事が美味しく仕上げるコツとなるので、見た目も華やかに維持しながら美味しいメニューを作っていく事が重要です。

 

より栄養価を確保する為には、加熱をする頻度を少なくする必要があります。しかし、加熱量が少ないと生の状態で食べにくい野菜もあるため、茹でる事が良い野菜も多くあります。そしてもう一つ蒸し炒めがあります。

 

これは、厚手の鍋の中に野菜を入れて、蒸すための水を中に入れます。その際に鍋の蓋をきっちりと閉めることがポイントとなります。

 

そして強火で加熱するだけの調理方法となります。強火で加熱する炒め物の効果と、蒸すことによって全体的に熱が浸透する効果の両方を得る事が可能となります。完全に密封してるので栄養価も損なわれずに、全ての栄養分を補給することができる優良な調理方法となります。

 

野菜に味付けをするために、天然の塩を入れることや、調理用のオイル、魚介類や海藻類などの出し汁を使用するのも有効な調理方法となります。

 

美味しく仕上がる野菜は、ブロッコリーやゴボウ、白菜、ニラ、春キャベツや、にんにくの芽などが有効です。フライパンで加熱をすると、一部だけ焦げ目が付いてしまう野菜は、蒸し炒めの状態にすることでほどよく加熱しながら、生の食感を残す事が可能となります。

 

野菜だけを蒸し炒めで加熱するのではなく、鶏肉や椎茸、タケノコや椎茸なども加えて、蒸し炒めだけで様々な食材をトッピングしてメニューを完成とする対策が可能となります。

 

この場合、調理時間も短く野菜の歯ごたえを残しながら、栄養分をうまくキープすることができます。蓋を密封してるので、鶏肉や牛肉などのうま味を野菜に浸透させることができるため、余分な調味料を加えずに、塩分控えめのメニューにすることが可能となります。