バイアグラ等のED治療薬服用時に注意すべき点

バイアグラ等のED治療薬服用時に注意すべき点

高齢化に伴い男性機能の低下は誰にでも訪れます。中折れや勃起不全を起こすと、やはり何とかしなければと即効性のあるバイアグラ等のED治療薬の服用を考えるケースも少なくありません。

 

 

ED治療薬は、精力剤の様に滋養強壮・精力増強に有効な自然由来の食材をベースにしたサプリメントではなく医薬品なのです。医薬品であるため、本来は医師の処方箋に従って服用すべきですが、中高年ともなると中折れやED傾向があるのでと専門医を訪れるのは気恥ずかしく、輸入業者等から直接ED治療薬を購入するのが一般的と言えるでしょう。

 

 

しかし、ED治療薬は中折れやED傾向を根本的に治癒させる効果がある医薬品ではなく、対処療法薬で、服用後の何時間かのみ効果を発揮するものである事をまず認識して服用する必要があります。

 

その上で、バイアグラ等のED治療薬を服用する時には、注意すべき点があります。その1つは、食事を摂るタイミングとED治療薬を服用するタイミングです。ED治療薬は営みの前1時間ほどに服用すべきですが、その時は空腹状態で、またアルコールも取って状況でないと効果を発揮しない点です。
ED治療薬の中には、空腹時の服用でなくても良いものもありますが、治療薬の説明等を十分に把握する事が大切です。こうした服用の注意点を守らないと効果を発揮しない事があるのを知っておくべきです。

 

 

次に大切なポイントは、循環器系の疾患のある人は、副作用を生じる事がある点です。そもそも勃起は脳が性的刺激を受けると、その信号が脊椎の神経を通して下半身に伝えられ、その信号を受けて局部の血流が一気に増す事で生じます。ED治療薬は、この局部に血流を一気に増すと言う働きを強制的に助ける事で勃起を促すと言うメカニズムで働く医薬品です。

 

 

この様に血管を拡張し、血流を強制的にいじるため、循環器系の疾患のある方に悪影響を及ぼす事があるのです。また循環器系の疾患で硝酸剤の薬を処方されている方がED治療薬を服用すると重篤な副作用を生じる事もあるので、特に注意が必要です。